発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

MOTHER WATER

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2008.12.28(Sun) 22:44
DSC00004.jpg



ご縁あってご存知の方も多いと思いますが、青森で肥料・農薬をはじめ堆肥等を使用せずにりんごを作っていらっしゃる木村 秋則さんのりんごをいただきました。

以前、木村さんのことは、テレビや本で知っており、いつかこのりんごを食べてみたいと思っていました。しかし現状は、予約がとれないほど注文が入っていて、手にいれるのは困難なのです。

木村さんの本を読むに、農薬を使わずにりんごを作るということは、りんご業界では考えられないとのこと。
その苦労は、人知れず大変なことなのだと感じます。
それを何十年もかけて取り組み、成功させたことは、今となっては、結果ですがその当時のことを考えると想像を絶します。
興味がある方は、ぜひ読んでいただきたいです。
私では、伝えきれないほどの困難とその後、成し遂げた感動がその本には綴られているからです。

私がその本を読み印象深いことは、木村さんが全てに真正面から向き合うという姿勢でした。
そして大きな愛情を注ぐことが、必ず伝わるということでした。
全ては、愛なのですね。



でも心に響く共感できることは、本当にシンプルで当たり前のことで、小さい時に両親から伝えられてきたことなのかもしれないと思います。
当たり前のことなだけになんだか恥ずかしい感じがしますが、そんなことが原点な気がします。


そして木村さんのりんごを食べた感想は、おいしいーの一言です。
皮ごとがぶりとかぶりついても皮が口に残らなく、芯の部分も食べれちゃうのです。
食べれないのは、種と軸のとこぐらいかな?
実の部分は、かぶりつくと歯磨きの粉のCMにでてきそうなくらい、パキンっと歯切れが良い感じです。
そしてりんごは、切った部分から酸化して茶色くなってしまいますが、このりんごは、切ってそのまま置いておいても酸化しないのだそうです。
それは、いまからその様子を見てみたいと思います。

でもどうしてこんなに同じりんごでも違うのか・・・・・・考えてしまいませんか?
そこになにがあるのか・・・

そして、木村さんのりんごと一緒に送られるシンプルな紙には、りんごのことを 樹の実 と書かれています。

樹の実って響きがなんだかいいなぁーっと感じました。



 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(44) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.20(Sat) 06:19


女性雑誌  FIGARO の今月号はマクロビオティックの特集があります。

その一部を担当させて頂きました。

お時間がある方は、見てくださいな♪





 
Trackback(0) Comment(16) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.16(Tue) 15:17
いっぱいお野菜がある時は、

お日様いっぱいあててあげるともちますよぉー♪


DSC00026.jpg






DSC00041.jpg



このままお味噌汁にも炒め物にもすぐ使えて便利だよ






 
Trackback(0) Comment(1) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.16(Tue) 15:12
今日のお昼ごはん


DSC00046.jpg


12時のチャイムがなり、お昼時間
ぴゅぴゅーんっと帰ってくるなかじくんの今日のご飯は、ちょっとお弁当箱に詰めて



腹ペコ王は、ご飯もりもりで・・
お弁当箱に入れるだけで気分も変わるね



今日もいい日だ







 
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.12(Fri) 20:11
DSC00175.jpg

イタリア通信

昔からワインの作り手達は搾りかすを蒸留して活用したようで・・・
 それがグラッパ。さらっと甘くてとてもいい香りがするのだけど
アルコール度数は40~60度ほどにも。のどが焼けます。

イタリアの夕食は前菜からデザートまでたっぷりお腹いっぱい
そこに最後にガツンとグラッパを決めるとパンパンだったお腹がストンと下に落ちて
すっとするんやて。

これも作り手の彼が自家蒸留したグラッパ。特大ビンに入ってました。
 今まで飲んだ市販のグラッパとは全然違う、とてもいい香りですっと飲めました。
やっぱ本場もんはうまい。



 
Trackback(0) Comment(5) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.10(Wed) 13:55


20081210135503



お天気がいいとなんでこんなに幸せな気持ちになるんでしょうね~

お洗濯して、いっぱい干して、




お昼にぴゅーんと自転車を飛ばして帰ってくるなかじ君のご飯を作って。。。。



今日は、白いタイルの机を引っ張り出して、

また違う雰囲気でお外ランチ


細かな野菜たちがいっぱいあったので、そんな時に強い味方の
カレーライスと試作中のお米のパンケーキ


お外で食べるご飯はうまい!!




 
Trackback(0) Comment(13) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2008.12.01(Mon) 15:01
DSC00023.jpg

なかじ君の本が来春に出版されることに決まり、土日を使って本の撮影が自宅で行われました。

お天気にも恵まれ、素敵なスタッフ・カメラマンにも恵まれ、いい本が出来上がります!

どうぞみなさんお楽しみに♪








 
Trackback(0) Comment(13) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2008 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。