発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

MOTHER WATER

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2009.03.31(Tue) 15:10
そろそろ待ちにまった田んぼの準備開始です。

小さい時におばあちゃんの田んぼで田植えをした記憶がありますが、お米作りを一から始めるのは、初めてです。
私達は、ありがたいことに無農薬でお米を作っている農家さんや自然農の不耕起栽培を学んだ方々、寺田のお酒に使うお米造りを毎年担当している方など多くの経験ある方々と一緒にやらせて頂いているので、たくさんの面で助けて頂き、多くのことを学ばさせて頂いてます。
お米作り、実際にやってみないとわからない作業がいっぱいあります。
そのひとつひとつを知ると、実際普段お米を買う時に、なにを大切にしなければいけないかが、おのずとわかってきました。

何事もまずやってみなくてはです。


畑苗代で種まき始まりです。



DSC00165.jpg
DSC00166.jpg
DSC00174.jpg
DSC00179.jpg
DSC00184.jpg
DSC00171.jpg

一粒のお米から4000~6000粒にも増えます。
みんながお米を主食にすれば、もっと地球は、循環していくのだと思います。
だからこそ、一粒のお米を大切にしたい

お米作りを通してこれから多くの気づきがあることに感謝し、
土に触れ、身体を動かすことで、自分の身体も変わっていくだろうとこれから楽しみです。

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(32) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.28(Sat) 21:27
毎月行われているスイーツクラス、第3回目が終了しました。
ご参加くださったみなさん、どうもありがとうございました。

木曜日クラスのみなさん、授業後にクッキーを試食して思ったのですが、あの厚さくらいになるともう少し焼いた方がいいかな~っと思いました。
みなさんのお好きな固さにどうぞ仕上げてくださいね。

また来月お待ちしておりまーす♪



DSC00076.jpg
 
Trackback(0) Comment(17) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.28(Sat) 11:22
「お酒を楽しむ人のための簡単マクロビオティックレシピ」 洋泉社  なかじ著

DSC00160.jpg


4月1日発売です。


お酒好きの方
お酒好きな旦那様のおつまみを毎日作られている方
簡単な保存食品の作り方を知りたい方
おいしいものが好きな方などなど必見ですよ~

みなさんの食卓が楽しく・美味しく発酵するエッセンスが詰まっています。


一人ひとりが、そして各家庭が幸せなこと=平和な世界




 
Trackback(0) Comment(33) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.28(Sat) 11:05
先日苺狩りに連れて行ってもらい、たくさん苺を頂いてきました。

苺狩りの場所は、
たっしゃか村
http://www.fukasaku.com/index.htm

ここの苺は、EM自然農法で作られおり、安心して食べられます。

さっそく苺をそのままパクリ
ちょっとつぶれてしまったのは、苺ジャムへ
家中、苺のあまーい香りに包まれ

苺ジャム、たぁーくさん作ったので、今日の朝食はパンケーキ


DSC00159.jpg

苺ジャム
  苺
  甜菜糖
  レモン汁
  塩


 
Trackback(0) Comment(37) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.24(Tue) 16:02
cohakoさんから素敵なDMが届きました。

DSC00155.jpg

千葉にこんな素敵なお店があったんだーっと初めて訪れた時は、もう嬉しくて、お店に足を踏み入れた時は、目はキョロキョロ・キョロキョロあれもかわいい・これもかわいいでぜーんぶほしくなっちゃうくらい
素敵なものが揃っています。
でもこれは、新品屋さんではなく、古道具屋さん。
でも旦那さんが大工さんなので、古く壊れたものも素敵に復元してしまうのです。
道具達もとっても喜んでいるよね~そして、古くて味があるものが好きな人達も大喜びなのです。
ご夫婦のセンスあるチョイスでcohakoさんのお店は素敵なものばかり。

そのcohakoさんのお店前で商店をやることになりました。
4月29日のみ10時~スタートです。
お菓子やさん・パン屋さん・紅茶やさんなどなど集まります。
もちろんcohakoさんの素敵な古道具も盛りだくさんのことでしょう。

ぜひみなさん遊びにきてくださいな
私達もお店を盛り上げに行かせていただきまーす。

そして、これからcohakoさんでは、いろんなお教室もたくさん予定しているそうですよ!
要チェックです。

4月29日吉日 青空の下でみなさんにお会いできること楽しみにしていまーす


cohako
http://cohako.blog114.fc2.com/


 
Trackback(0) Comment(24) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.20(Fri) 22:24
待ち望んでいたおひつが届きました

DSC00147.jpg

さっそく記念すべき初ごはんは、小豆玄米ごはん

ご縁あって知り合った、タイマグラの南部桶正さん
こちらの桶屋さんは、伝統的な技法で桶を作っていらっしゃいます。
側板は一枚一枚竹釘を用いてつないでおり、接着剤は一切使っておらず、そして塗装も一切施さず、白木仕上げにこだわっていらっしゃいます。


日々、ご飯をいかにおいしく炊くかを課題にしている私達にとって、一層おいしさを増してくれるこのおひつは、生活に欠かせないものとなりました。

食材・調理法も料理に大きく影響しますが、出来上がったものを保存するものもとても大切です。
炊き上がったご飯をおひつに入れると、ご飯の余分な水分を木が吸収してくれ、ご飯は、ふっくら。そして、そのおいしさは、次の日も続いちゃいます。すばらしい!
おひつは、前々から買おうとは思っていたものの、いまいち心ひかれるものに出合えずでした。
そんな中、以前イベントでお会いした、南部桶正さんのパンフレットを大切に保管していたものをみつけ、ここにお願いしたいな~っと。

手作りの物は、その作っている方の波動(エネルギー)が入るので、できる限り信頼できる方、素敵だな~っとフィーリングがあう方のものをいただきたいと思っています。
今回このタイマグラに住む南部桶正さんとのご縁とても嬉しく、いつかお二人にお会いできる日がくることを楽しみにしています。

うちもおひつほしかったんだよね~って方は、本当におすすめです。
ぜひ家庭に一台おひつを・・




 
Trackback(0) Comment(1) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

発酵の里神崎のHPができたそうです。

http://hakkou.org/

私達が神崎に移り住み、1年が経とうとしています。

なにもない小さな町だからこそ、今からみんなで作り上げる楽しみがあります。
なにもないからこそ、パン屋さんやお豆腐屋さんがこれからできると聞けば飛び上がるほど嬉しいのです。しかもパン屋さんは、寺田の酒粕を使って作る福ちゃんぱん屋さん。
お豆腐屋さんも、神崎で無農薬大豆を作っている鈴木さんの大豆を使って作ってくださる、周浦さんのお豆腐屋さん。

そして、ここに移り住み感じることは、神崎の方々は、いい人ばかりなのです。
みなさんにいつもお世話になっている私達です。
しかも今年から、念願叶って、田んぼを借りられることになりました。
神崎は、田んぼも豊富にあります。
いままで知らなかったことですが、田んぼを借りるのもいろいろ決まりがあり、農家でない人が簡単に借りることは、とても難しいとのこと。。。。。
そんな中、こうざき自然塾の鈴木さんや、日本自給教室の斉藤さんがお力を貸してくださり、今年からお米を作れることになりました。
突然農家さんのように広大な田んぼをやれっと言われても、仕事の関係や、技術などとうてい難しいので、若いひとが、半農半Xできる環境を作ってあげたいとおっしゃってくださり。。そんな場所を自分達が借りて、提供してあげたいと。。。

なんとありがたい言葉なのでしょう。ほんとに感謝です。ありがとうございます
これからは、もっと土にふれる生活をめざし、楽しんでみようと思っています。
食の大切さに気づき、食を変えだすと自然に近い生活を求めるようになるのは、あたりまえのことで、
これから農を生活に取り入れたライフスタイルを求めている方は、ぜひ神崎は、おすすめですよ。
日々身体に取り入れているのは、口から入る食だけではなく、環境も全て取り入れているのですから、どんなところに住むかということは、とても大切なことだと思います。

これから、みなみ屋さんのお米作り日記もアップしていきます。
2009年秋、おいしいお米ができるかどうかは、お楽しみです。

そして、これから田んぼを開墾して作りあげていく場所もあるので、
私もやりたい!身体を動かしたい!などなど、土に触れる機会を望んでいる方、ぜひ一緒に楽しみましょう。





 
Trackback(0) Comment(19) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

前日降っていた雨は、カラッとあがり、お天気は、晴れ
もうそれだけでイベントの80%は○

3月15日千葉県神崎町でお蔵フェスタが行われました。
自然酒 酒蔵寺田本家と神崎に古くからあるもう一件の酒蔵 仁勇が同じ日にお祭りを行いました。
出店店舗は100店舗以上!
それだけでもすごいことなのに、当日きてくださったお客様何万人なんだろうか?
(なんと約二万人とのこと!!!)
ものすごーい人・人・ひと

そんな中、みなみ屋さんも出店してきました。

2009蔵フェスタ

お店屋さんをスタートする時は、結構余裕で「写真でも撮っておこうかな~」なんて余裕だったのもつかの間、その後は、お客さんわんさか・わんさかで大忙しでした。
なかじ君は、蔵の運営で大忙しでみなみ屋さんのお店番は私一人・・・・・

でもそんな時は、助け舟を
南家 母・姉・姪っ子・甥っ子みんなみんな総動員です。
いつもありがとう、頼りになります。


たくさんの方がお店を訪れてくれ、購入して頂き、本当にありがとうございました。
久しぶりにお会いできた方々・教室の生徒さん・友人・みんな本当にありがとう。
嬉しくて興奮しすぎ、しゃべりすぎ、
気がついたら、イベント終わってました。。

イベント自体ももっと楽しみたかった気持ちもありましたが、
みなさんとこのイベントを通してまたお会いできて、それがなにより嬉しかったです。




寺田本家のおいしいお酒から広がる発酵の輪




このイベントに来た多くの方が、心も体も発酵して帰られたのではないでしょうか?
その一人一人がまたお家で、職場で楽しく発酵していると、その周りの人まで発酵しちゃうかも


みんなで広めよう発酵パワー


このイベントの準備をしてくださった寺田本家の方々・蔵人さん・神崎の町の方々みなさん本当にありがとうございました。

素敵な春のイベントでした











 
Trackback(0) Comment(6) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2009.03.04(Wed) 16:52
こんにちは。
昨日に引き続き、今日も気持ちのよいお天気ですね。
久しぶりのブログ更新です。

やっとゆっくりパソコンに向き合う時間ができました。
今月に入って、ケータリング・出張料理教室、日々のお互いの仕事、そして昨日終了したお蔵フェスタ出店、
毎回、「よし、これは終わり、次は、なんだっけ」っと準備・当日、準備・当日と走り続け、
まず一段落しました。やったー
今日は、ご褒美dayのような、ぽかぽか陽気
精神的に仕事に追われている気持ちがないことに嬉しさを感じてます。でも本当はまだまだやらなきゃいけないことは、たくさんあるのですが、今日は考えない!

でもブログは、更新しまーす


一つは、3月に入ってすぐに、友人の上棟式のケータリング
DSC00122.jpg

DSC00130.jpg

DSC00131.jpg

DSC00132.jpg

お料理のテーマは、「春の宴」

この週は、天気も不安定で、当日も寒さ厳しい日でした。
途中からは、雪も降り出し、初めての雪の中の野外テントケータリング
寒すぎて、身体の感覚がなくなるくらい寒かったです。
でもこの上棟式は、そんな寒さも温めてくれるくらい素敵なエネルギーに包まれていました。
依頼されたご夫婦には、4人のお子さんがいて、その子達に日本の伝統的な文化を生活を通して、見せてあげたいという思いから、上棟式を行い、
同じ世代の親御さん達もたくさん集まり、おもちをつき、振る舞い、
一緒に苺大福を作ったり、みんな大喜びでした。そして、子供達に日本の伝統的な唄も聞いてほしいとも依頼があり、なかじ君が唄を披露させていただきました。

その後は、大工さん達へお食事を出し、宴会
普段は、身体を動かしバリバリ働いている方々ばかりなので、お口に合うのかいろいろ心配でしたが、みなさんとっても喜んでくれました。
みんながいろんな形で携わり、大変だったけど、その場の雰囲気が心地よく、終わった後も大変さも吹き飛ばしてしまうくらい楽しかったことに、仕事が遊びに変わっていることに気づき、こういう仕事をしていきたいと感じました。
こちらのお家は、夏あたりに建つ予定だそうです。
お家の柱には300年以上の杉を使っていたり、お家も日本の伝統的な作り方で大工さんが一つ一つ丁寧に仕上げています。
ここの場もこれからたくさんの幸せを発信する場として使われていくことでしょう。


そして、約1年間行わせて頂いた、知人宅での出張料理教室
奥様がうつわ屋さんを行っているので、
お宅は、素敵なうつわだらけ
ご夫婦もお子さんも、お家も器も生徒さんもすべて素敵・素敵がそろった料理教室でした。
こちらのご夫婦は、今年中には、千葉の鴨川に移住されることとなり、うつわ屋さんとカフェを始められるそうです。千葉がまた賑やかになります。うれしい!

そして料理教室は、今月で最後でした。
DSC00139.jpg

スタートしてからほとんど同じ方々が参加して頂き、みなさんとのこのご縁に心から感謝してます。
またどこかでお会いできること本当に願ってます。
またお会いしましょうね
そして、料理教室参加してくださり、楽しい時間をありがとうございました。

奥様のうつわやさん
営業されるのもあと数日です。ぜひみなさん行かれてみてくださいね。私も行きたい!

草so
http://www.so-kurashi.com/



次回は、お蔵フェスタについて書きまーす。
お楽しみに









 
Trackback(0) Comment(34) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2009 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。