発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

MOTHER WATER

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

DSC00878.jpg
今年もお蔵フェスタが行われます。
昨年は、約2万人もの方々がいらっしゃったと聞いています。
確かに人・人・人でした(笑)
でも、ただ人がすごくて疲れた~っというイベントではないのです。
お客さんも出店者も蔵のスタッフもみんながニコニコ・ぷくぷく発酵し、
気持ちのよい空気が流れ
みなさんがとても満足そうなお顔で帰られていくのを思い出します。


今年は、

日時 3月14日(日)
   9時~15時30分

・ライブ
・蔵見学
・発酵体験
・てしごと市
・こどもの遊び場
などなど楽しそうな企画も盛りだくさんです!

*当日、新宿駅から寺田本家までの天ぷら油リサイクルバスがでます。
 まだお席が空いています。くわしくは、 こちら 
*JRの臨時列車「快速すいごう号」が運行いたします。
     新宿駅8:04発~下総神崎駅10:17着、全席指定のため指定券が必要です。

そして、みなみ屋さんも出店させていただきます。
今年は、中川ちえさんと一緒にお店をだします。

「おいしいコーヒーをいれるために」
の本も出版しているちえさんが、自らコーヒーを入れてくれますよ。
ぜひこちらも楽しみにしていてくださいね。

DSC00879_20100225144035.jpg

ぷくぷく・ぷくぷく

 
スポンサーサイト

 

2010.02.19(Fri) 13:36
素敵なDM頂きました。

DSC00877.jpg
vacant room
時空を越えた扉がひらく時
kupu×ile×cohako

2010.2.22(mon)~2.27(sat)10:00~17:00 the door is open

ギャラリー風草
千葉県印旛郡印旛村山田1815-1



出店するみなさんがとっても楽しんで企画・準備されているイベント
これは、間違いなく素敵なイベントになることでしょう。

私も行きたい





 

 

先日のバレンタインクラス、
ご参加くださったみなさん、どうもありがとうございました。

お教室に入ると、久しぶりにお会いする生徒さんのお顔がちらほらちらほら。
わーうれしい!っとにやけてしまう私。
中には、「今日は、有休を使ってきましたぁー」っと参加してくださった、私の大好きな生徒さんも。。ありがとう~

1DAYクラスにもかかわらず、みなさんすぐに仲良しになって、わいわい・わいわい楽しそうでしたね。
途中、大きな口をあけて、スイーツの余り生地をほおばってにやけている生徒さんを発見!!
あまりにもおいしそうに食べていて、目を奪われる場面数回・・・(笑)

授業の中で、私は、スイーツはあくまでも嗜好品ですよ~っとお話します。
質のよい食材を使ったスイーツでも食べすぎは、やはりおすすめできません。
自分の身体と環境を考え、その時にあったものを必要であれば、いただきましょう。
その時に、外で買うのではなく、なるべく自分で作ってもらえたらいいな~っと思っています。
なので、お家で簡単に作れるスイーツを提案したいのです。
今回のスイーツも簡単に作れるものを用意しました。
みなさんに、またお家で作っていただけたら嬉しいです。そして、どんどんアレンジしていってくださいね。


バレンタインのクラスを終えると、私の中では、もうすっかりバレンタインDAYはとっくに過ぎ去ってしまった気でおりますが、
我が家には、その日をちょっぴり期待して楽しみにしているだんなさんがいるので、
もうひとがんばりです(笑)

みなさん、素敵なバレンタインDAYをお過ごしください。


そして毎回ながら、クラスの準備をしてくださるアシスタントのみなさんには、感謝・感謝です。
いつもどうもありがとう

次回の1DAYクラスは、4月にお弁当クラスを行います。

DSC00875.jpg





 

 

2010.02.07(Sun) 19:14
この大きな大根は、

DSC00869.jpg


太陽をいっぱいあびて切干大根に変身
DSC00868.jpg


自分で作ったものが出来上がった時の喜びは、言葉では表現しにくい
作った人しかわからない喜びと幸せがそこにはあります









 
Trackback(0) Comment(17) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2010.02.07(Sun) 08:20

DSC00863.jpg

2月9日 クシマクロビオティックアカデミィで行うバレンタインスイーツクラス
たくさんの方にお申し込み頂きまして、どうもありがとうございます

当日は、私の知っていることたぁーくさんお伝えできるように、めーいっぱい楽しんじゃおうと思ってます。

一緒に楽しみましょう♪







 

 

2010.02.01(Mon) 17:03
先日、木村さんの講演会へ行ってきました。

ずっとお会いしたかった方でもあり、
どんな風にお話されるのか?どんな雰囲気をもっていらっしゃるのか
とっても楽しみにしていました。

会場にでてこられ、まずは、
無農薬・無肥料でりんごを育てたことは、
「自分ががんばったわけではない・・・」
「自分は、好きなことをつらぬき通していただけで、
がんばったのは、家族とりんごの木だ」とお話されていました。
家族の支えがあったからこそ、成し遂げることができたと・・・・

そして、農業の専門的なお話や、木村さんの畑の様子をスクリーンを見ながら
いろいろなお話しを聞かせていただきました。
木村さんが行っている農法は、自然栽培法です。
農薬・肥料を与えずに育てる方法。

自然栽培で育てた野菜は、切ってから2週間たっても腐らないのです。
比べるために有機栽培・植物性の堆肥のみを使用した野菜の方は、どろどろに腐っていました。
それは、お腹の中でもおこることですねっとおっしゃっていました。

実際現場で実践しながら、試行錯誤し、失敗や苦労を重ねている方のお言葉は、とても重みがあり、
納得いくものでした。
そして、どんな小さなことでも全てを惜しみなくお伝えしてくださるお心がとてもすばらしかったです。

随分昔に、師匠に言われたことがあります。
レシピは、自分のものではないっということを
レシピを試作し、苦労して作り上げたとしてもそれは、宇宙から降りてきたものなのだよっと
だからどんどん、いいものは、たくさんの人に惜しみなく伝えていくことっと・・・

料理人や職人の方の中には、努力して生み出したものを自分の中だけにとどめている方もたくさんおられます。
でもわからなくもないことです。そこには、とっても大変だった日々があるのですから。
でもやはり今、思うのは、いいものは、出さないとです。
いいことをだせば、必ずまたいいものが入ってくると思うのです。

木村さんのその姿勢からまたたくさんのことを学ばせていただきました。
そして、最後に「ハチ鳥のひとしずく」のお話をしてくださいました。
私もその絵本をもっています。
そして、始めてこの話を聞いたときは、とっても考えさせられました。

森が火事になり、みんな我先にと逃げる中、ハチ鳥だけが火を消すために小さなくちばしで水を運びます。
逃げ去る動物からは、そんな水では、消えるわけがないと言われる中、
ハチ鳥(クリキンリー)は、
「わたしは、わたしにできることをしているだけ」っと。。

木村さんは、今じぶんにできることをしていきたいと・・
自然栽培を伝えることに命をささげるとおっしゃっていました。

そのお言葉は、以前久司道夫先生がおっしゃっていたことと同じでした。

久司先生の夢は、
「その人・その人々の生命と夢のために糧となって死ぬこと」


私に、今できることは、なんだろう
それは、ここ何ヶ月も考えていることです。。。。













 
Trackback(0) Comment(17) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2010 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。