発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2011.10.30(Sun) 10:20
今年も神崎の在来米の「神国」のお米を育て、稲刈りの時期がきました。
稲刈りが近づいてくると
天気予報が気になってしょうがなくなります。

「お願いします。雨が降りませんように」っと自分勝手なお願いをしながら、

そんなお願いが通じたのか、
一週間雨は降らず、やっと田んぼの水もはけ、
やってまいりました稲刈り日和

今回の稲刈りを手伝ってくれたのは、さのっちと中村くん。
頼もしい助っ人です。
ちょっと地面がぬかるんでいて刈りにくかったのですが、
ざくざく・ざくざく

私もお腹の赤ちゃんと一緒に
ざくざく・ざくざく

IMG_2709.jpg

お昼ご飯は、青空の下
カレーライス、ごぼうとにんじんのネギソース炒め、小豆かぼちゃ、豆腐と青菜の塩茹でサラダ、ゴロゴロ根菜野菜の酒粕和えなどなど・・・&お酒

お皿は、その場で竹を切って竹皿を作り、
見た目は、かなり素敵だったのだけど、
竹の細長いみぞにカレーライスを入れるのにかなり苦戦(笑)
そこになみなみカレーをそそぎこみ、
みんな必死に食べる。。。
それもまた楽しかった。

そんな幸せなお昼ご飯のひととき

誰もがみんな夕方までには終わるだろうっと思っていたが、
日が暮れるのも早くなり、あともう少しでおわるっというところで、
あたりは真っ暗になってしまい、本日の稲刈りは終了。


そして、次の日の早朝から残りの作業。
朝の空気は、気持ちいい。
お米が大好きなすずめさん達より早く田んぼに着き、
せっせっと2人で取り掛かる。

終わったぁー。
DSC_0075.jpg

DSC_0076.jpg

今年のお米は、どんな味がするのかな~
これから、天日干し、脱穀、籾摺りっと
お口に入るまでにもう少し時間がかかります。

そして、今年は稲麹がたくさんついていました。
黒い丸いやつです。見えますか?
この稲麹を使って、
今年の冬は、自宅で麹つくりにチャレンジしますよ。

IMG_26<br />79.jpg


 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(19) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2011.10.24(Mon) 05:50

えい出版さん
『暮らし上手の調味料』 の取材でした。
手作りする自家製発酵調味料のお話。
現代の大量生産される無発酵調味料と
昔ながらの、醸造法で醸されるほんものの発酵調味料との違いなど
お話させて頂きました。

皆様の人生がわくわく楽しく発酵します様に。
 
Trackback(0) Comment(14) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2011.10.16(Sun) 20:17
2011年 日比谷公園にて

行ってきました。土と平和の祭典!

毎年この時期にイベントはたくさん開催されており、どこに行こうか悩んでしまうほど。
その中で私が毎年行くのは、日比谷公園で行われる農、環境、食、音楽がテーマの、
平和を願い、土に根ざした生き方を求めている仲間が集まるお祭り。

天気は、晴天。
大好きなちえちゃんと一緒にお祭り満喫してきました。

着いた早々、寺田本家芸能部の太鼓が始まっていた。
真新しい太鼓の音は、甲高く響きわたり、みんな凛々しく、打ち込んでいる。


1318761235514.jpg

1318761236076.jpg

土と平和の祭典



それから、ぐるぐるお店を見て周り、まず中島デコさんに再開。
「わー 」
「キャー 」
久しぶりの再開の嬉しさにうるうるきてしまう。

ポンポコリンの私のお腹をなでてくれ、
「もうこのお腹からかわいいー」っと
お腹の赤ちゃんにいっぱい声をかけてくれた。ありがとう、デコさん。
赤ちゃん喜んでるよー。

その後も、たくさんのお友達に会い、みんなお腹の赤ちゃんを祝福してくれ、お腹をなでてくれました。
私のお腹の赤ちゃんは、とっても幸せな子ですね~。
料理教室の生徒さんにも、お友達にもほんとたくさんの人に産まれてくる前から、
たくさんの愛情をもらってる。
嬉しいね~
私まで嬉しくなっちゃうよ。
「こっちの世界は楽しいよ。安心してでておいで」

そして、お店をぐるぐる見て周り、
あまりにも天気がよくて、汗だくになり、
体力が消耗してきたので、
その後、カフェにて長々とおしゃべりタイムに突入した私たちでした。


この土と平和の祭典が、
今年初、千葉県神崎にて11月20日に行われます。

大地に捧げる祈りの祭り
DSC01558.jpg


詳しくは、こちら

みなさん、ぜひ神崎に遊びにいらしてくださいね。
お待ちしておりますよー。








 
Trackback(0) Comment(13) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2011.10.15(Sat) 15:06
万能ねぎって、購入してもちょっと余ってしまったり、
気がつくと傷んでしまったり
ないですか?

元気な根っこを少し残して、土に植えたら
こんなに元気に育ってます。

お味噌汁のトッピングや、お料理の飾りに、
ここ何ヶ月間、この万能ねぎだけで足りちゃってます。
ちょっと青味がほしいときなどに、
そのつど、上の青い部分だけポキポキ取って。

気がつくとそこからまたぐんぐん伸びてくるし、
ほんと便利ですよ。

この万能ねぎは本当に
万能です!

万能ねぎなら庭に畑がなくても、
プランターで、できそうですね。



IMG_2660.jpg




私たちの本の編集者でもある吉度日央里さんが、お部屋で野菜をつくる本を出版してます。
ご興味のある方は、ぜひ!

かんたん! 部屋で野菜をつくる  著 吉度日央里


 
 
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2011.10.13(Thu) 18:13

1318483512308.jpg


今日は、恵比寿のクシアカデミィの授業だった。
basic2の第一回目のお料理のクラス。
今日もお料理盛りだくさん。

アカデミィのクラスも産休に入るため、あと残すとこ2回で終わり。
ちょっと寂しい。
今日も生徒さんと最後お話してると涙腺ゆるみ、泣きそうになっちゃったし。

でもこれも新たな道に進む一歩。
そうなのだ。これから体験したことのないことたくさん経験していき、
それにまつわる自分のやりたいことも表現していく予定。
そのことを考えるだけで、ワクワクしてしまう。
変わりゆくことを恐れず、受け止めてたのしんじゃおう。
そんな風に歩んでいきたい。

今日も、お腹の赤ちゃんは授業中、お料理の作り方をお腹の中で聞いていたんだね。
あなたもお料理好きになるのかしらね。

みなさん、今日もありがとう。
同じ時間を共有し、同じものを作り食べ、
幸せでした。
またいつかお会いできる日を楽しみにしてます。





 
Trackback(0) Comment(14) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2011.10.11(Tue) 18:46
3月11日の震災後、これからの生き方を見つめなおし、
今、この時間を何に費やしていくことが、
この先の5年後、10年後の自分達の目指す生き方につながっていくのかっと考えた答えは、


自分達で食べる野菜を作れるようになることでした。


そんな矢先に、いつもお世話になっている神崎自然熟の鈴木さんから、
「ここの畑つかえよー」っと
お声をかけていただき、
野菜作りがスタートしました。

畑の周りには、かき・くりがたわわに実っています。

1317715380133.jpg


庭の小さな畑は、4年前に引っ越した時から、
土作りをはじめ、
たくさんの期待を胸に、いろいろな種をまいてきましたが、
まったく収穫ができない日々が続き、
つくづく野菜をつくる難しさを痛感していたのです。


しかし、ここの土は、柔らかくて、ふっかふかです。
家の庭の土と違うぞ。
もしかしたら、ここならできるかも・・・・

っと2人でにやにやしながら

人参・カブ・大根・たくあん大根・小松菜・玉ねぎ・・・・
っとたくさんの種を蒔き終えました。



一番初めに蒔いた人参が、もうこんなにも大きく成長してきています。

IMG_2653.jpg


IMG_2654.jpg



間引きした人参

とれたてなので、
生のまま食べてみると味が濃く、とっても甘かったです。


IMG_2656.jpg

最近は、どんどん大きくなる野菜をみるのが楽しみで、
主人が仕事から帰ってきたら、
2人で畑へ行ってお世話してます。

小さいうちに、ちゃんと手をかけてあげると
後が楽なんですね。
子育てと同じようです。

IMG_2650.jpg


これから先、どんなとこで生きていくことになったとしても
自分で食べるものは、作れるようになっておきたい

それを目指してこれからも楽しんで
野菜づくりしていきます。

でも土に触れ、
「大きくなってね」っと声をかけ、
小さかった種がどんどん大きくなっていくのを見ていると
わくわくして、楽しいです。




そして、私のお腹の子もどんどん成長しています。
お腹は、ポンポコリンに大きくなってきて、
農作業のズボンが入らなくなってきたので、
水玉模様のもんぺを作りました。
なかなか気にいってます。
これから稲刈りもあるので、まずは格好からです。
それ大事です!

主人には、部屋着用のズボンを。



IMG_2657.jpg

草木染め・洋服つくり
これも私の次なる目標なのです。
えへへ





 
Trackback(0) Comment(19) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2011 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。