発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

MOTHER WATER

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2012.10.20(Sat) 15:54
DSC01757_convert_20121020153147.jpg

天然生活「健やかな飲み物」でちょこっとレシピ載せていただいております。
出産後、初の雑誌の仕事。
しかも長年愛読している天然生活。うれしいな。
個人的には、
船越さんの重ね煮料理とか
白崎裕子さんのパンとかおいしそうだな〜(しかも写真は、寺澤太郎さんだー)
なんて、見応え十分な内容でした。

そして、主人も YUKARIにて月をテーマにお料理のレシピ載せていただいております。
こちらもぜひご覧ください。

気がついたら、両雑誌にて2人とも酒粕づくしでした(笑)


DSC01758_convert_20121020153356.jpg


 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

火起こしワークショップ開催in神崎
人の進化の大切な節目である「火」との関わり。
「火」をテーマに一日、大人も子供も学びあいましょう。
火とはなにか?を皆で話し、
火起こしの道具を作り、0から、一人づつ自らの「火」を起こすワークを開催します。
生きる原点を、知る手がかりになることと思います。
皆様と「火」と「生きる」ことについてシェア出来る事を楽しみにお待ちしております。
なかじ

以下転送です。

**********************
トージバ 野外塾「野塾」開校!
/////////////////////////////////////// / / / / / / / / / / / /
火、土、水、太古の人々はどのようにして
火を起こし、糸を績み、様々な道具を作ってきたんでしょうか
いにしえに想いを馳せ、太古の智慧を知り体験する野外塾「野塾」が始まります。
 
第一回のテーマは「火」。
火を起こす。今ではライターで簡単に火を起こすことができますが
昔はどのようにして火を起こしていたんでしょうか?
 
つい最近まで火は重要な灯りであり調理の熱源としても欠かすことのできない
エネルギーの原点でしたが、近年は、焚き火禁止、料理はオール電化の魔法のようなコンロになってしまい
火は生活からは切り離されてしまっています。
 
改めて「火」についての歴史を知り、火起こしの道具をつくって火を起こし、
その火で調理をする体験をします。
 
日時:2012年11月4日(日)
場所:わくわく西の城(千葉県神崎町)
時間:10:00〜16:00
対象:中学生以上 小学生は保護者同伴
参加費:予約3,500円 当日4,000円 小・中学生無料
定員:30名
内容:火についての話を聞いて、きりもみ式火起こし道具を作り、火を使って酒粕酵母のパンやクッキーを焼きます。
講師:関根秀樹参加予約は以下のフォームを記入の上、メールにてお申し込みください。
———————————————————————————
・名前
・住所
・連絡先(携帯電話)
・メールアドレス
・参加動機
・アクセス方法(電車orクルマ)
・参加人数(小中学生がいる場合はその旨お書きください)
———————————————————————————
申し込み・問い合わせ先
npo@toziba.net 担当:トージバ 神澤(かんざわ)0478−70−1353
主催:NPO法人トージバ http://www.toziba.net
講師プロフィール






1960年福島県石川郡生まれ。非常勤講師として和光大学では「火の人間史」と民族音楽。桑沢デザイン研究所ではプロダクトデザインの 「手で考える道具と技術」。多摩美術大学では「絵の具実習」を担当するフリーランスの研究者。理系文系芸術系を横断して研究分野は異常に 広く、全国各地で多彩なワークショップや博物館の立ち上げ、環境教育と結びついた村おこし、商品開発などを手がけている。水質汚染のない 染織技術の特許を持ち、「火起こし世界チャンピオン」でもある。著書は『縄文生活図鑑』『新版 民族楽器をつくる』『縄文人になる』『原始生活百科』『たくさんのふしぎ 火』『焚火大全』『宮沢賢治キーワード図鑑』(共著)ほか多数。
 
★野塾〜〜今後は「麻」から糸を績む、「竹」から籠を編む、を予定しています。
 

主催:トージバ http://kokokara.toziba.net/312
フライヤーダウンロード
tozaiba_nojyuku01
 

 

2012.10.06(Sat) 00:08
自分の心地良さを軸に。

何を表現するにも、受け取るにも。

その軸は、自分の心地良さが最も大切だ。と思うのです。

人の気持ちは伝染しますから。。。

心地良く感じている人の周りにいると、
自分も心地良くなる。

人も動物も植物も、本来、心地良さを味わう為に生まれているのではないだろうか。
皆、心地良くなりたいのだ。

自分が社会の中で、活動するとき。
常に、心地良さを軸に、心地良さを感じながら表現すれば
自分の周りは、心地良い人で満たされる。
そんな人の周りには、自然に人やモノが集まる。

受け取る時も、全てを心地良く受け取れば
相手も、心地良い。

この世に生まれて、皆とともに生きてるのだから
自分の生命活動が
少しでも、他の命を心地良くする事に繋がれば
それがじゃないか。

と思うのです。 
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

2012.10.03(Wed) 16:47
先日、愛知県豊橋にて二日間の教室を行ってきました。
場所は豊橋市内の「ベジカフェロータス」さん

2日間で
なかじ…3本
・発酵のお話
・晩酌ご飯会
・発酵料理教室

智美…2本
・発酵おやつ教室×2回

の弾丸教室ツアーです。

ご参加頂いた皆様。
本当にありがとうございました。
お会い出来て共に時間を共有できたことを
とても嬉しく思います。

会場の「ベジカフェロータス」さんは
とても素敵な場所でした。
http://www.vegecafe-lotus.com/

 なんとお店には、アイスクリームショーケースがあり
オーガニックベジのアイスクリームを提供しています。
しかもバラエティ豊富な12種類。
これを全てオーガニックで手作りしているとのこと。
 試食させて頂きましたが、ミルクを使ってないとは思えない程
クリーミーな、コク。と香り。とても美味しかったです。
自分は「ラムレーズン」をいただきました。
聞いたらご主人は
東京農大出身で卒論が「アイスクリームについて」なのだとか
なっとくの美味しさです。
 そして帰りがけに運転中に飲んで下さいとご好意で頂いた
オーガニックの「ソイ・ラ・テ」は、
すっきりと身体に馴染む感じがハンパない。美味しいソイラテでした。
妻も、「今まで飲んだ中で一番美味しいソイラテ」
と絶賛してました。

オーガナイズしてくれたちあきさん。
ベジカフェロータスの安竹ご夫妻。
お世話になりました。
ありがとうございました。

なかじ
 
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2012 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。