発酵・お酒・酒粕(酒かす)レシピ・麹・マクロビオティック・体と心。
http://happyseedstomomi.blog79.fc2.com/
 

MOTHER WATER

Author:MOTHER WATER
暮らしを心地良く、豊かに。
そんな「モノ」(物)と「コト」(情報)をシェアする場。


「発酵する生き方研究所 みなみ屋さん」
心と体をわくわくプクプク発酵させ、豊かに楽しく発酵する生き方を研究・提案しています。
主宰 なかじ & 南智美


◇なかじ(南 智征)…発酵する生き方の研究
発酵料理家・リフレクソロジスト・唄人

京都造形大学陶芸専攻。中退後、日本国内、アジア・ヨーロッパを中心に世界を旅して廻る。佐渡島で伝統芸能を学ぶ。マクロビオティック料理研究家中島デコ氏に師事。現在、自然酒造り酒屋「寺田本家」の蔵人頭。発酵する生き方のワークショップを中心に料理教室・発酵教室・身体操作の教室を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・
◇南 智美…発酵おやつ研究家

2000年 マクロビオティックレストランに勤め始める。
パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス氏のもとで長年に渡りスイーツを教わる。その後パティシエとして活動し、数々のレストランのスイーツ開発を務める。

東京恵比寿にある「旧クシマクロビオティックアカデミィ」の料理・スイーツクラス講師。現在「BIOKURA STYLE Cooking School」
2012年1月 女の子を出産し、一児の母となる。
出産をきっかけに産休にはいる。

KIJリーダーシッププログラムレベル3終了。
2013年11月 北海道札幌へ移住。
2014年3月 Organicな暮らしの店「MOTHER WATER」を家族で立ち上げ運営中。 


・・・・・・・・・・・・・・・












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

この人とブロともになる

 
 

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2012.09.04(Tue) 10:30
「酒粕の話⑨」

 ■酒粕と酒の歴史・文化


 風雑り 雨降る夜の 雨雑へ 
 雪降る夜は 術もなく 
 
 寒くしあれば 堅塩を
 取りつづしろい 糟湯酒 

 うち啜ろいて 咳かひ  
 鼻びしびしに しかとあらぬ

 (雨風の夜。また雪の降る夜。寒くて、やることもなく。塩をなめながら、湯で溶いた粕湯酒をすすり、咳をし、鼻もすする。)
 
 万葉集 貧窮問答歌 山上憶良 より


 この唄は、下級役人の侘びしさと共に、酒粕をお湯で溶いて飲んだという当時の民衆の生活も伺えるなんとも生活感に溢れた唄です。
 前半の雨雪の寒さ冷たさと、その後の糟湯酒との対比が、より糟湯酒の温かさを表し、そんな侘びしい生活の中でのただ一つの希望のようにさえ感じられてきます。

ここに今につづく酒粕の甘酒の原型を見る事ができます。

子供時代。自分も毎年の正月に
神社で寒い風の中、たき火の周りで飲む
粕甘酒にホッと身体と心を温められました。

今も昔も、粕甘酒の与えてくれる 
「温かく」「ホッとする」
この心の安心感と情景は変わらず
続いているのですね。

なかじ 
 

 
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 MOTHER WATER Produce byみなみ屋さん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。